膝下が剛毛の私を救ってくれのは家庭用脱毛器でした♪


家庭用脱毛器で膝下処理をしてスッキリしました♪)

これは我が家の家系なのだと思いますが、母も妹も剛毛でした。
学生時代は脱毛という意識にまで至りませんでした。

それは費用と年齢的なことからです。
今は、エピレミュゼ
といった、中高生でも通える脱毛サロンがあります。
でも、当時の脱毛サロンといえば、高級感のあるエステという感じでした。

学生時代の私・ムダ毛処理の方法


脱毛サロンにも通えない、その当時の私は父の電気カミソリで処理をしていました。
毎日毎日処理をしていたのですが、
毎日やっても、すぐに生えてくるし、
永久にこれをし続けなければならないのかと、とても嫌でした。

けれどやらなければ足を出せる状態ではありませんでした。

社会人の私・ムダ毛処理の方法


そして社会人になって電気カミソリが進化した様な、女性用のカミソリが発売されました。
さっそく購入した時には、これで少しは後ろめたい気持ちもなくなると思いました。

けれど、あくまでも電気カミソリです。

処理をしても次の日になるとまた新しい毛を処理しなければなりません。
毎日の日課のように処理し続けました。

結局、学生時代と大差ない感じでした。

家庭用脱毛「ケノン」との出会い


脱毛器
そして、今の家庭用脱毛器「ケノン」にたどりつくのですが、
これに出会って良かったと思います。

これまでの電気カミソリと違って、
毛根から処理をするので新しい毛が生えるまでの期間も長いです。

ムダ毛を剃った上から、光を当てていくのですが初めは半信半疑でした。
毛穴に光を当てるだけで、本当にムダ毛の生え方が変わるのだろうか・・・?

値段的にも、結構思い切って購入したので、ここで何も変わらなければ泣くしかありません。

でも、回数を重ねるたびに、段々とムダ毛に変化が出てきました。
ケノンで処理した後、しばらくして伸びてきた毛を引っ張ると、毛がポロッと抜けました。

ムダ毛がなんらかのダメージを受けていることが、はっきりと分かりました。

それから、何度かケノンを使っていくうちに、気づきました。
私の様な剛毛でも、きちんと処理をすればだんだんと毛の質も変わってくるのだと。

初めは家庭用脱毛器でうまくいくのかと心配でしたが、今はすっかり気にいっています。

処理をするごとに
あれほどあった毛が少なくなってきたことに驚いています。

また、毛穴の数も少なくなったような気がするのです。
処理をした後は、肌がつるつるとして
カミソリの時とは違う肌になって安心しています。

自分の肌って、結構色白だったんだなあ、なんて思ったりしました。

ケノン公式サイトはこちら